谷中と千駄木にまたがる商店街「よみせ通り」で活躍する少年少女探偵団!

よみせ通り少年少女探偵団とは?


台東区谷中と文京区千駄木の境目に位置する人情味溢れるよみせ通り商店街とその周辺を舞台に活躍する。


消えていく日本の風景、失いかけた日本人としての誇り、薄れはじめた人と人との絆、それらを遊び心と共に取り戻すという大きな目標もある。





探偵団基本方針

探偵は落ち着いて行動する。

探偵は思いやりを忘れない。

探偵はありがとうを忘れない。


よみせ通り少年少女探偵団 キャラクター紹介


東 台二郎(アズマ ダイジロウ)

よみせ通りの台東区谷中側にあるアズマ板金塗装の次男坊。
谷中第三中学校2年。新聞部部長。よみせ通り少年少女探偵団初代団長。
父は台吉(ダイキチ)。台地(ダイチ)、台三(ダイゾウ)、台子(タイコ)、台助(ダイスケ)の5人兄弟。
商店街では眼力が凄いため「目玉のダイちゃん」と呼ばれている。
サイダーを飲むと名案がひらめく。

「ごくごくごくぷはー。くー!ハッ、そうか、犯人がわかったぞ!これでスカッと解決だ!」

京 文子(キョウ フミコ)

よみせ通りの文京区千駄木側にある総菜屋「京惣菜店」の三女。
千駄木第一中学校2年。手芸部所属。
幸子(サチコ)、清子(セイコ)共に商店街の人々からも人気の美人3姉妹。
幼馴染の台二郎の身勝手さに振り回されながら、毎日を楽しく過ごしている。

「ダイちゃん、もういい加減にしてちょうだい!」

怪人猫面相

よみせ通り界隈に出没する怪盗。
人を殺めたり、傷つけたりはしない。
何かが盗まれるときは、猫のイラストを描いた予告状が届き、盗んだ後には同じ終了報告のカードが置かれている。
谷中の彫刻館から猫の彫刻を盗んだ事件をキッカケに台二郎と因縁が出来る。(彫刻は少年少女探偵団の手で取り戻している。)
写真は谷中三中の新聞部が捉えた1枚。

「我輩は怪人猫面相であーる。」

そのほか

中谷 中(ナカタニ アタル):台二郎のクラスメイト。新聞部カメラマン。
駄木 千恵子(ダキ チエコ):文子のクラスメイト。破天荒。
清見 征史郎(キヨミ セイシロウ):ハカセと呼ばれる小学生。

※妙なリアル感はありますが、オリジナルキャラクターの設定ですので
“よみせ通り”という商店街以外、出てくる人物、建物は実在しません。