yo7

3/6 妖かし遊覧船(またの名を幽覧船)

 

浅草桟橋から出発した妖かしだらけの遊覧船。

受付中に一気に雲が広がり激しい雨に降られましいたが、それは一瞬のこと。

人間たちの間を縫って、2階の乗船口から乗船させていただきつつ、無事に出航。

当初は、風が強く寒いため、2階のデッキにあがるのはNGと言われていましたが、開放してくださったようで、本当に風が強く、首がもげそうになった妖かしさんもいらっしゃったようですが、どうにか無事、途中で河童の益次郎さんも家に遊びに行こうとする(隅田川に飛び込む)方もいなかったようで、全員揃って帰港しました。

人目につく場所、また観光客の方が多い場所での乗船でしたので、ちょっとドキドキしていたわけですが、船会社の方に、また是非ご利用ください、と嬉しいお言葉をいただきました。

軽変化推奨でしたが、喜常楼&匣ツアーのお客様が大変化のため、大変化率が高かったかもしれません。
着替え場所さえクリアになれば、大変化で乗船するのが一番なんですけどね。

船着き場までの移動や戻ってきてからバスに乗るまでに、軽い百鬼夜行状態となっていましたが、妖かしの皆様の節度を守ってくださり、さらに旺盛なサービス精神により、観光客の方にも喜んでいただいたように思います。

今回は目標人数の100体は達成せずに催行しましたが、次は100体以上集まると良いなあと思います。

1時間はちょうどよかったですかね、それともやはり90分は欲しいでしょうか。今回ご参加いただいた皆様にお伺いできればうれしいです。


youmisesyunpo • 2016年3月8日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA